第4回 街建コラム <モルタルミキサー特集 前編>

街建のご利用いただきありがとうございます。街建の中のヒト4号です。
前回前々回の街建コラムでは、補修材特集として『下地調整塗材』を取り上げました。
第4回 街建コラムでは、その補修材特集の「施工手順ー混練り」の場面でちょこっと登場しましたモルタルミキサーについてお話しします。
モルタルミキサーとは
おもにセメント、砂、水を混ぜ合わせて、モルタルなどを作る機械で、ミキサー自体は昭和30年頃から使用されるようになります。当初は「タライ型ミキサー」と呼ばれるものが出てきました。昭和35年以降にはミキサーの需要、販売も増え、今では左官工事にはなくてはならない存在になりました。

使い方は、ドラムと呼ばれる容器内にセメント、砂、水などを入れて、容器内の撹拌羽根を回転させるか、または容器そのものを回転させて、ドラム内の材料を練り混ぜます。

モルタルミキサーは、練り混ぜる材料によって、その材料に特化した呼び方になるものもあります。またメーカーによって、回転させる動力のちがい、ドラムの形状のちがいからさまざまな呼び方があります。

一般的なモルタルミキサー



材料のちがい:
 グラウトミキサー

株式会社友定建機
グラウトミキサーT-MG-50

動力のちがい:
 エンジンミキサー

株式会社マゼラー
エンジンミキサーPM-40E

ドラム形状のちがい:
 ポットミキサー

トンボ工業株式会社
グリーンミキサNGM-2.5BCM4

モルタルミキサーの混合量
モルタルミキサーでは、混練りができる量(混合量)を『切(さい)』や『L(リットル)』で表すことが一般的です。
※『切(才)』とは、1切=1尺×1尺×1尺(約30.3cm×約30.3cm×約30.3cm)=約0.028m3で、約28L(約30L)になります。
※ちなみに『 L 』は…
『L』は、1L=1,000cm3(10cm×10cm×10cm)で、『1mm厚×1m2』です。
※混合量など製品仕様の詳細は、各メーカーのカタログ、取扱説明書をご参照ください。


コラム一覧