《第14回 街建コラム》新名所!御園座タワーに行ってきました!

いつも街建のご利用ありがとうございます。今回は名古屋の新名所「御園座」(みそのざ)に行ってきました!
スーパー歌舞伎などで有名ですが、一体どのような建物なのでしょうか?新たな賑わいを魅せる御園座に密着です!


──歌舞伎から名古屋グルメまで楽しめる「御園座タワー」

東京では銀座の「歌舞伎座」、京都で歌舞伎といえば「京都四條南座」(通称 『南座』)が有名ですよね。 名古屋で歌舞伎といえば、伏見駅近くの明治28年創業の「御園座」(みそのざ)です。老朽化に伴い2013年より建て替え工事を経て2018年春に「御園座タワー」としてリニューアルオープンしました! 御園座の柿(こけら)落しは、歌舞伎俳優の二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎による襲名披露興行となったそうです。スーパー歌舞伎U「ワンピース」が上演されたことでも有名になりました。

──監修したのはあの…

御園座タワーでまず目を引くのは、外壁に施された「なまこ壁」をイメージした格子模様とエントランスの朱色。そのコントラストが近代的な建物の中にも、「和テイスト」の独特な美しさを粋に感じさせる外観になっています。 地上40階、地下1階、高さ150mの御園座タワーは周囲にヒルトン名古屋、名古屋観光ホテルなどの建物が立ち並ぶ賑やかな街の中でもひときわランドマーク的な存在を放ちます。 2階から4階にある御園座の上はなんとタワーマンションになっています。 内装も和風モダンで日本の伝統を感じさせる雰囲気が素敵です。監修はあの隈研吾さんですからかっこいいはずです。隈研吾さんは2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場になる新国立競技場「杜のスタジアム」の設計で有名です。


──食のテーマパーク

御園タワー1階にある「御園小町」は、名古屋のグルメ、イートイン、お土産コーナーが揃った食のテーマパークになっています。 歌舞伎なんて敷居が高いと思っていましたが、観劇をしなくてもモーニングやランチ、お茶をするのにとても便利です。子連れでも入りやすいのがとってもありがたいです。 なかでもちょっと小腹が空いたときに欲しくなる人気のスイーツが、シャチホコや藤、扇が描かれた皮が可愛らしい「御園焼き」!中身は「粒あん」、「白あん」、「八丁みそあん」が楽しめます。 私も「八丁みそあん」の焼きたてをいただいてみました。 味噌がマイルドで程よくて甘すぎないところが私好みでコーヒーにもよく合います♪

──ペッパー君も御園座スタイルでお出迎え

御歌舞伎グッズから東海地区でお馴染みのお土産までズラーと豊富に揃っています。私は名古屋土産はいつも名古屋駅で買うのですが、最近はマンネリ化してしてきてしまったので今度はこちらで探してもいいなと思いました。 名古屋グルメやお土産を探している方そして外国の方にも喜ばれそうな「御園小町」お奨めです!

──いかがでしたか?

なまこ壁は本来、外壁に平らな瓦を並べて貼り、瓦と瓦の間の目地部分にかまぼこ形に盛り上げた漆喰(しっくい)を塗ったものです。漆喰を使った日本伝統の左官工法のひとつで土蔵やお城の壁などで見ることができます。
また、ゆっくり眺めに行きたいと思います♪





コラム一覧