《第18回 街建コラム》ちょっと入りづらい?建材店ってどんなものを売っているの?

建材とは、建築の資材や建築材料の略語で、建築物を建てるために必要な材料のことを言います。 一般的にはエアコンや換気扇、照明器具などの機械設備等は建材には含まれません。

ホームセンターでもプロ向けの建材などが取り扱われるようになり、職人さんでもホームセンターなどを利用する機会が増えたと聞きます。
広い敷地に様々な種類の商品が陳列されています。買えないものはないと思えるような品揃えです。

街建をご利用されている方や建設業界に関わっている方々にはお馴染みの建材店。
とはいえ私もこの業界に入る前は足を踏み入れたことが無い、謎多き存在でした。
初めて街建に訪問された方には同じように建材店って何?という方もいらっしゃると思いますので、今回のコラムで少しでも身近に感じていただければと思います。

──建材店とホームセンターの違いは?

建材店とは、主に家を建てる時に必要な材料を中心に扱っているお店です。家を建てるということなので当然お客様はプロの職人さんがメインとなります。
扱う商品も本格的な材料を中心としてさまざまな工具や道具なども入手することができます。取り寄せてもらうこともできますので、職人さんには欠かせないお店です。
一方ホームセンターは、日曜大工用品、日用雑貨、家電製品、組立式家具などを取り扱っていて幅広い利用者層に対して販売を行っています。
今ではホームセンターでの配達や、トラックレンタルなどのサービスが増えてきましたが、基本は店頭での購入が中心です。
建材店では現場に材料を配送してもらえるところも多く、打ち合わせした時間に合わせて持ってきてくれるので非常に助かります。
朝立ち寄ってから現場に向かうという方も多いので朝早くから営業しているのも特徴です。

──建材店に訪問してみました

ということで、岐阜県岐阜市にある「マルヤス建材」さんに訪問してきました。
外観から見てみましょう。
「タイル・左官材料・エクステリア販売施工・土地建物、仲介売買」という看板が砂置き場の奥に見えます。

都心ではなかなか見ることができない広さです。
反対側を見るとブロックや袋砂などが置いてあります。建材店ではよく見かける商品たちです。

とは言え、建材店を知らない方が飛び込むのは勇気が要りそうです。

店内に入ってみると商品が所狭しと陳列されています。その奥のスペースが事務所になっているようです。
これは他の建材店さんでもよく見かけるレイアウトですね。
店内にはコテやスクレイパーなどの道具やマスクやマスカーなど消耗品なども置かれています。

ということで従業員の方にお話を聞いてみました。

──お店の特徴を教えていただけますか?
うちは品数が多く、在庫も豊富だと思います。
内外装どちらでも使用できる塗り壁仕上げ材のジョリパットも定番の100シリーズだけでなく、汚れに強く低汚染タイプでひび割れ防止性能に優れた外装用塗り壁仕上材の650シリーズも置いていますよ。
他にもけいそう土の質感がモダンな内装用仕上材のシコク聚楽やきめ細かくなめらかで美しい仕上がりのシルタッチなんかもあります。
上塗材はよく出ますよ。もちろん、置いていない商品でも取り寄せできるのでぜひ声をかけて欲しいですね。
──そうなんですね。こちらのお店にはどのような業種のお客様が見えられますか?
左官工事、タイル工事、外構工事をされる方がよく見えられます。たまに塗装工事をされている方もいらっしゃいます。
結構遠くから見えられる左官職人さんもいますよ。
常連さんが多いですが、大きな道路沿いなので一見さんも多いですね。
一見さんは皆さん現金で買われていきます。

──職人さんでは無い一般の方は来店されますか?
近所の方などよくいらっしゃいます。
畑土などに使用したいと砂を買われていきます。この辺りは豆を栽培されている方も多く、その畑に砂を撒かれているようですね。

…と話をしている時に、地元の職人さんが来店。商品について色々と相談をされていました。
商品選択のアドバイスをもらったり、説明を聞くことができるって、安心ですね。
店内が忙しくなってきたようなので、お礼を言って外にある倉庫を見せていただきました。

──建材店の倉庫を見学しました

倉庫に入ると、先程話しの出たジョリパットα、同じく内外装用のベルアートなどの仕上げ材や床専用補修材のNSフロアハード、住宅基礎天端用仕上材のNSベースレベラー、タイル目地に使用する完全既調合のKSメヂなどが目に入ります。
リス興業のラバケット(バケツ)なんかも置いてあります。


しかし一番目立つのは、滑り台!一瞬滑ってみたいと思ってしまいました(^^;)
この滑り台はシューターと言われるもので、2階の商品を下ろすのに負担を減らすことができる優れもの!
噂には聞いたことがありましたが、初めて見ました!

その2階に上がっていくと、所狭しと多くの在庫品が置いてあります。
奥の方には廃業したメーカーでいまだに街建に問い合わせのあるあの商品も!
タイル・石張り用の変性シリコーンエポキシ樹脂系の接着剤のタイルワンも豊富に在庫されています。

建材店は、タイル工事や左官工事をしている方にはなくてはならない重要な拠点だということがわかりました。
また、一般の方にも多く利用されていると知り、驚きました!
マルヤス建材の皆様、ご協力ありがとうございました。

──今回訪問したマルヤス建材さんの情報

株式会社 マルヤス建材
〒502-0929 岐阜県岐阜市則武東4-24-6
TEL: 058-231-9333
https://machiken-pro.jp/shop/pages/1195.aspx


コラム一覧